残機
 
 日電協加盟のパチスロメーカー・トリビー(本社・東京都新宿区、木下秀治社長)が2011年4月から休業状態に入ったことが、同5日に分かった。同社関係者によると、 「当面の間、機械の開発・販売は行わず、現在設置中のパチスロ機のメンテナンスのみを行っていく予定」という。

 休業の理由に関しては、現在、機械を開発・ 販売しても、売れ行きが良くないため。今後も会社自体は存続する。日電協関係者によると、同社が休業状態に入るという話は、3月末に木下社長自身から組合 に伝えられているという。トリビーは97年の設立で、日電協には05年4月に加盟した。

http://www.play-graph.com/data/news.php?nid=19038



続き